とりあえずやってみようぜ!

アラサー間近の男子が、世の中のいいものを自分で試してみる。最近はおみやげ紹介が中心。週一更新を目指してます。

耳を塞がないで音楽を聴きたい!~ambie wireless earcuffs~

みなさんこんにちは!

アラサー理系男子レバンスです。

 

 

持っているイヤホンの使いにくさについて

突然ですが以下のようなイヤホンって使いにくくないですか?

f:id:LEVANS-SAKURA:20180929235728j:image

筆者は上の写真のようなカナル型イヤホンを使っていますが、以下のような不満があります。

 

・耳に入りきらないのでたまに外れる(ピースの大きさ検討済み)

・長時間聞いていると耳が痛くなる

・歩いているときや走っている時にコードが邪魔

・外の音が聞こえにくい

 

正直不便なのでなにかいいものはないかと、ネットの海をさまよっていたところこんな素晴らしいイヤホンを見つけました。

 

そのイヤホンとは?

ambie wireless earcuffs(アンビーワイヤレスイヤーカフス)です!

 

このイヤホンのなにがすごいかというと耳を塞がないイヤーカフスタイプであるため、音楽を聴きながら会話もできることです。

感想のレビューを読んでみたところ、

・音楽が店内BGMのように聞こえるので聴いていても疲れない

・耳を塞いでいないので会話等に影響しない

というような高評価レビューが散見されました。これだけで先ほど挙げた不満はほぼ解消されています。これは買うしかないっ...!

 

実際に買ってみた

実際に買ったものがこちらです。

購入先はビックカメラで、税込み12,960円でした。

パッケージはかなりオシャレでスタイリッシュです。

某リンゴマークの会社のデザインに雰囲気が似ていますね。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000010j:image

 

 

裏には多少の説明が書いてあります。

イヤホンつけてる人がカッコ良すぎて嫉妬。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000037j:image

 

 

色はウォークマンの色と合わせてオレンジ色にしました。

ちなみにウォークマンSONYのNW-A30を使っています。

 

中を開けてみるとワイヤレスイヤーカフスが綺麗に収納されています。

表面のパッケージのみならず収納を考える人はすごいなって思います。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000054j:image

 

さらに開けてみると充電用のmicroUSBと説明書がありました。

microUSBめっちゃ短いなと思ったそこのアナタ!その通りです。

説明書はもしかしたら英語かもと思いましたが、しっかりと日本語でした。安心。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000112j:image

 

固定されているケースからイヤーカフスを取り外します。

けっこうしっかりとプラスチックに固定されているので、外すときに断線しそうで怖いです。気をつけましょう。

外したものがコチラ↓↓↓

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000125j:image

けっこう軟体生物。

ワイヤレス型のイヤーカフスやイヤホンってもっと硬いイメージがありましたが、シリコンゴムっぽい感触です。

 

装着してみる

説明書によるとスムーズな装着には慣れが必要だそうなので、練習してみる。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000149j:image

 

写真で見る限りはそんなに苦労なく装着できてるように見えますが、実際は装着にかなりの苦労を要しました。

耳の窪んだ部分を目掛けて、耳を少し引っ張りながら入れる感じなのですが、うまくいかなかったので、適当な位置に装着してからずらすという戦法で入れました。

着けていて、特に圧迫感や不快感もありませんし、少し走ったぐらいでは外れません。

いい感じです。

 

充電&ウォークマンと接続してみる

たぶん出荷時に充電されていても放電していると思うので、充電します。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930000139j:image

 

充電場所がなかったので床にあったACアダプターで充電。もうしわけ程度のティッシュ

 

と、ここで問題発生!充電していると電源ボタン右横のランプ(以下写真参照)が電池残量によって少ない順に光るはずなんですが、まったく光りません。

もう充電されていたのか?とも思いましたが、ウォークマンとの接続もうまくいかなかったので、充電はないようです。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930162912j:image

 

これはもしや初期不良か?

不安を持ちつつも解決手段がないか、とりあえず説明書を読むと以下のような文言が、

 

「本機が予期しない動作をした場合は、本機をリセットしてください」

 

予期しない動作ってなんだ...暴れるのだろうか...怖い。

まあ、これも予期しない動作ということでリセットしてみます。

リセットする場合はPCまたはACアダプターにつないで再生ボタンを長押しするといいそうです。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20180930163251j:image

 

光ったーーー!!!

緑色の光なのでどうやら最初からある程度は充電されていたようです。とりあえず問題は解決したのでよかった...。これは最初からある不具合?なんでしょうか?

ちなみに0からフル充電までは2時間半くらいかかるそうです。長いな...。でも長時間使えれば問題ないので、どれくらい使えるか実験して後日追記したいと思います。

 

あとはウォークマンBluetooth接続し、ambie AM-BT01を指定するだけで、環境設定?が終わりました。

 

音楽を聴いてみる

・静かな室内での試聴

最初はかなり聴こえにくいように感じますが、カフスの音の出る穴の位置を調節するのと音への慣れで、よく聞こえるようになります。

かなり指向性があるのか、方向を変えるもしくは1cmくらい離すだけで聴こえなくなります音漏れの心配はないです。

なによりすごいのが、他の音も鮮明に聴こえるということ、PC前で動画を再生しながら音楽を聴いていても動画の内容が頭に入ってきます。

しかし、結果として音楽と動画の音声を同時に処理できず、どちらかに集中してしまうので、2種類の音声を同時に聴くのはあまりオススメはできないと思います。

音質はあまりよくないです。カフスの音の出る位置と鼓膜が遠いせいでしょうか。ですが、そこまで気になるほどでもないので聴き流しには十分でしょう。ちなみにハイレゾ音源を聴いてもそんなに変わりません。

このイヤーカフスのレビューに再生した音楽が店内放送の音楽のように聴こえるとありましたが、私はそう感じませんでした。普通に耳元で聴いている感じです。ただ、例外的にクラシックだけは店内放送の音楽のように聴こえました。なのでクラシック鑑賞にはオススメです。

 

・外出先での試聴

外の音が大きいと、やはりかなり聴こえにくくなります。外では基本音量を室内時よりも+3くらいとし、バスなどの公共機関では+6くらいがちょうどよかったです。

音楽以外にも周囲の音声が聴こえるため、周囲の危機管理に気を配れると思います。レジなどでの会計時も、外す必要はありません。聴こえるので。

長時間音楽を聴いていてもカナル型イヤホンほどの耳の疲れ、痛みはないです。限度はありますが。

あとあまり関係ないですが、カフスケースは付属してないので、外出時はずっと装着したままになります。

 

 

感想まとめ

とりあえず使ってみた感想を以下にまとめました

 

・周囲の音が聴こえる

Bluetoothなのでコードが邪魔にならない、そして外れにくい

・会話時にイヤホン取る必要なし

・クラシック曲を聴く場合はなにか臨場感みたいなものを感じる

・音漏れは心配ない

・装着に難ありで慣れが必要

・音質は微妙

・フル充電まで2時間半

・外の音が大きいと音量を上げざるを得ない=聴いていて疲れる

・カフスを入れるケース等は付属していない

 

総評:なかなかいい買い物をしました。使い続けます。

 

みなさまの購入の参考になれば幸いです。

それではまた!