とりあえずやってみようぜ!

アラサー間近の男子が、世の中のいいものを自分で試してみる。最近はおみやげ紹介が中心。週一更新を目指してます。

音楽ゲームのプレー動画を撮ってみよう!

みなさんこんにちは!

アラサー理系男子レバンスです。

今回は初心者が動画撮影およびそれを簡易編集して投稿してみるまでのお話です。

 

 

 

 

私の野望(一部)

私には夢がありました。

その夢は昔、とある動画を見たときに思い描いたものです。

 

その動画は

GUITERFREAKS&DRUMMANIA

というゲームのプレー動画でした。

 

このゲームはいわゆる音楽シュミレーションゲーム(略して音ゲー)の一種で、ドラムとギターを模したシュミレーションゲームです。

p.eagate.573.jp

ちなみに今ではGITADORAという名前に変わっています。

私はそのDRUMMANIAのランカー(ランキングに載る人)がプレーしている動画を見て、

「人間にもこんな動きができるのか...カッコイイ...」

と感動し、

「いつか自分もこんなスーパープレイ動画を撮りたい...」

と思ったのでした。

 

そしていつしか時は流れ、DRUMMANIAをそれなりの期間続けた私は、ランカーには及ばないものの、一般人からは「すごすぎて気持ち悪い...」と言われるくらいの動きができるようにはなりました。(会社の同期や友人に見せて言われた実話

 

そこでふと過去に抱いた夢を思い出したのです。

思い出したと同時に、もしや今ならそれなりのプレー動画は取れるのではないのかと考えました。

思い立ったが吉日、私は過去の野望を実現するべく撮影の準備に取り掛かったのです。

 

撮影準備

ちなみに筆者は動画撮影に関して、とても素人です。

ですが映像を録画するのにビデオカメラが必要ということはわかります。

しかし、ビデオカメラは高価です。

また、撮影するにも三脚等の設備が必要になります。

 

なので現在手持ちの備品でなんとかならないかを思案しました。

 

 

結果として準備した?もの

スマホ(iPhone7)

スマホ用の固定器具

 

これだけです。

まず、撮影器具についてですが、現代のスマホのカメラ、ビデオ機能はかなり高性能であります。

また私のiPhone7は128GBとまあまあの容量があるので、数時間程度の録画が可能です。なのでビデオカメラを買う必要はないと思いました。

 

撮影ですが他の人に任せることができないので(友達がいないというわけではない

三脚のような固定する器具を使おうと思ったのですが、三脚はドラムのゲームをプレイ中に地面からの振動を感知する可能性があったので使えません。

 

そこで以下のようなどこにでも装着できそうなクリップ付きアームスタンドを使うことにしました。

 

 

実際の画像はこちら

f:id:LEVANS-SAKURA:20181229175146j:image

 

左下の大きいクリップを固定場所に挟みこんで固定する形です。私が購入したのは厚さ3cmくらいまでの板に挟めることができます。

フレキシブルな部分はけっこう調整が利くものの、固めであるので、女性の方は細かい調整が難しいかもしれません。

 

これを以下のような図のついたて部分に固定して撮影することとしました。

f:id:LEVANS-SAKURA:20181231134054p:plain

 

実際に撮影&編集

撮影には特別なアプリを使わず、iOSに標準装備されているカメラアプリを使います。

とりあえず1クレジット4曲分を撮影します。

その後、写真フォルダから動画を開き、編集をタッチ。

f:id:LEVANS-SAKURA:20181231141327p:plain

 

編集画面では左下端の<もしくは>の部分をタッチすることで動画の長さを決めることができます。

今回は4曲のうち1曲分を動画にしたいと思います。

 

f:id:LEVANS-SAKURA:20181231141431p:plain

f:id:LEVANS-SAKURA:20181231141456p:plain

あとは完了を押して1曲分の動画の切り取りは完了です。

実際の動画はこちら。

www.youtube.com

なかなかキレイに撮れてる!

こんな小さな機械でこんな動画が取れるなんて、技術は進歩しているなぁと思います。

今後、いいプレー動画が取れればyoutube等にも上げて行こうかなと考えています。

 

みなさまもなにか腕に自信があるものを動画におさめてみてはいかがでしょうか?

それではまた!