とりあえずやってみようぜ!

アラサー間近の男子が、世の中のいいものを自分で試してみる。最近はおみやげ紹介が中心。隔週更新を目指してます。

おみやげお菓子のご紹介㊸〜ショコラヴォヤージュ〜

みなさんこんにちは!

緊急事態宣言が解除され、晴れて出張(道内のみ)に行けることになりました。レバンスです。

 

というわけで、さっそく出張に行き、おみやげお菓子を仕入れてきました!

今回は函館の有名店のおみやげです。

 

 

 

今回のおみやげは?

f:id:LEVANS-SAKURA:20200616190635j:image

アンジェリックヴォヤージュのショコラヴォヤージュです!

 

どんなお菓子?

このお菓子は函館のクレープ有名店アンジェリックヴォヤージュさんで販売されています。

公式HPでは以下のように書かれています。

函館の港と夜景が見える小さなお店「アンジェリックヴォヤージュ」へようこそ

・小さなケーキ

ショコラヴォヤージュは北海道産の生クリームと上質なガナッシュでできている小さなケーキなんです。
解凍してしまいますとケーキと同じ本日中のお召し上がりになります。
1箱に12個入っているので食べる分だけ冷蔵解凍するのがおすすめです。

・温度にとってもデリケート

お持ち運びが30分から2時間の場合は無料の保冷剤と袋をご用意しております。
お持ち運びが2時間以上の場合は有料の保冷剤とバックをおすすめしております。
必要な方は備考欄にお書き添えください。

保存状態と食べるときの注意が細かく書かれてますね。かなり繊細なお菓子のようです。これは期待できますね。

ちなみにガナッシュとは"溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームを加えたり、または温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作る口溶けの良いチョコレート"のことだそうです。以上お菓子豆知識。

原材料は生クリーム、チョコレート、グラニュー糖、ココアパウダーと非常にシンプルです。

 

このショコラヴォヤージュ、価格は12個入り1500円とお手頃です。

先述のホームページでも購入でき、お取り寄せも可能です。

賞味期限は冷凍保存30日(冷"蔵"じゃないよ)。解凍後はその日のうちにお召し上がり下さいとのことです。

 

パッケージ紹介&食べる前準備

先ほども写真はアップしましたがパッケージ外装はこちらになります。

表面

f:id:LEVANS-SAKURA:20200616190635j:image

なんというか温かみを感じますね。幼い子が自分の家を描いた、そんな感じです。

続いて裏面。
f:id:LEVANS-SAKURA:20200616190824j:image

なるほど。解凍しない場合はアイスとして食べられるのですね。

また、このショコラをコーヒーに入れる選択肢もあるようです。筆者はコーヒー飲めないので、試した方は感想を教えていただけると幸いです。

 

とりあえず開けてみます。
f:id:LEVANS-SAKURA:20200616190821j:image

先ほどの商品紹介にもあったように、食べる時の注意点を再度教えてくれます。忘れていても大丈夫。

 

袋を開けるとこんな感じ。

f:id:LEVANS-SAKURA:20200616190818j:image

チョコ表面にはココアパウダーが塗されているので開封場所に注意しないと、机などに粉がつきます。見た目はトリュフチョコレートみたいですね。

 

冷凍保存必須なので、食べる分だけ小分けして残りは急いで冷凍庫へ。
f:id:LEVANS-SAKURA:20200616190814j:image

なんで小分けにしたかというとさすがに1回の解凍で12個食べると糖尿病になりそうだったので。

ちなみに小分けはハサミでトレイごと切り分けるという手法をとりました。

とりあえず2つ分を写真の説明書きにもあるように、1時間ほど冷蔵庫にて解凍を行います。

 

 

1時間後。

f:id:LEVANS-SAKURA:20200620085007j:image

解凍しても見た目は特に何も変わらないですね(そりゃそうだ

では食べてみます。

 

実際に食べてみた

内部を確認するために半分に割ってみました。

f:id:LEVANS-SAKURA:20200620085333j:image

原材料から察するに生クリームっぽいものが出てきました。割った見た目はピノっぽいですね。

 

 

 

では食べてみます!

 

...

 

......

めちゃくちゃ美味しい!なんだこれ?!?!

 

まず外側の生チョコ部分ですが、冷えているにもかかわらず、非常に滑らかな口溶けでカカオの香りが素晴らしいです。あとなんというかショコラにコクというか深みがあります。今までいろんなショコラを食べてきましたが、コクがあるショコラというものを味わったことがなかったので、感動してしまいました。

 

内側はバニラの風味がある(と思う)生クリームですね。こういうお菓子って中が甘さ強めのものが多い気がするのですが、ショコラヴォヤージュは逆で、中の方が甘さ控えめで、ショコラを引き立てています。クリームは雲のようで非常に口当たりがなめらかです。

ちなみに冷凍庫から取り出した直後に食べると、中のクリームは程よいシャーベット状になっており、なおかつクリームのくちどけはそのままなので非常に美味しい氷菓となっています。

 

食べ方、温度について4通り(冷凍または解凍、そのまま口に入れるまたは割って半分にしてから口に入れる)の方法を試してみましたが、一番おいしかったのは解凍して半分に割って食べる方法でした。なぜかというと、このお菓子の美味しさは生クリームとチョコレートが混ざり合った時に最大限の美味しさを発揮するからです。割らないで食べると最初にチョコレートが消費されてしまって、クリームとチョコを各々で味わうことになります。

また冷凍したものは氷菓子としては美味しいですが、味わいがわずかに劣るような気がします。食べ物の温度によって味覚というものは若干変わるからかもしれません。

 

総合評価

9.9点/10.0点

 

・最上級といっていいほどのショコラ

・食べてて幸せ。まずは食べてみてほしい。

・ネット販売は現在2か月待ち。函館のお店に行かないと買えない。

 

これから函館に行った際は絶対買うおみやげになると思います。みなさまも食べてみてはいかがでしょうか?

それではまた次回!